今年もお疲れさまでした〜!!
いや〜今年もあと2日で終わりですね◎
今は年賀状書きと大掃除しなきゃなんないのに忘年会ラッシュで一昨日から3連チャンです〜(汗)

振り返ると今年はここ数年で1番忙しかったなぁ〜。。

最大の個展の年なのに色々な事が重なって時間がいくらあっても足りない感じでしたね〜。(白日会展に始まり、明日の白日会代表のお仕事、夏の合宿、数々のグループ展、日展など)でも、やる事が沢山あって忙しいのは贅沢な事なんだと思いますね◎
特に忙しさのほとんどが僕の場合、絵に関する事だったので幸せな事だと思わないといけませんね◎
個展を言い訳に断ろうと思った行事も多々ありましたが、断らずに全てこなして来て良かったと思います◎
やり遂げた充実感があったし、結果的にやって良かったと思う事が多かったですから。そしてそう思えたのも沢山の方々に力添えを頂いて助けて頂いたお陰だと本当に感謝しております。

また展示や合宿などを通して色々な方と出会えたのが何よりも今年の財産です◎
これからも出会いは大切にしていきたいですねー☆色々な方と出会う事、お話する事で人生経験が豊富になりますから。やはり作家個人が色々な経験を経て成長しないと絵は成長しないと思いますので。
特に今年はそれをより深く感じた一年でした◎
また悔しい事や上手くいかない事、精神的に悲しい出来事があっても頑張ってめげずに自分の思う事をやり続けていればその後には必ず良い事があるという事も実体験を通して感じた年だったと思います。自分自身に起きた出来事だけでなく僕の周りの方々を見ていてそう思う事が多々ありました。

偉そうな事は言えませんが人間は負けてこそ成長するチャンスを得られるんだという事を今まで以上に知った年だとも思います。

しかし、忘れてましたが、今年僕は大殺界で本厄だったんですが、その年にしては自分なりに色々な新しい事にトライする事で何とか変化の年に変えて上手く乗り越えれたんじゃないでしょうか〜◎自画自賛っ(笑)
でも今頃になって持病の腰痛が出てきました。。(笑)

来年は今年以上にパワフルな確実な年にしたいと思っています。
まだまだ若い人に負けてられませんね〜!!
生涯現役のこの職業、生涯伸び盛りでい続けたいですから気持ちくらいは常に若くいたいですねー◎

★今年最後のブログは少し真面目な気になったお話を一つ。。
クリスマスの深夜にふとテレビを点けたら小田和正さん企画した沢山のアーティストを使った凄いスケールのライブをやっていました。(確かクリスマスの約束2009ってタイトルだったかな?)
途中から観たにも関わらず気が付いたらその素晴らしさに凄く引き込まれてしまい、とても感動していました☆

そのライブを大成功させた後日に小田さんが言った言葉がナレーションで流れ、その中で絵にも通じるとても素敵だな〜っと思う一言がありました。
それは『今、あの日の事は奇跡に近い事だったのかも知れないと思っています。音楽には、まだまだ隠されていることが沢山あるのかも知れません』という言葉でした。
僕の勝手な解釈ですが、小田さんはそう言葉にする事でキャリアを積み重ねた今でも未知なる可能性を本気で信じてまだまだ成長しようとしているのではないかと思いました。

だから絵の世界も世間が良く言う、”古い”とか”新しい”とかそう言った形式や様式めいた簡単な事ではなく”絵にもまだまだ隠されている事が沢山ある”と思いたいし、そういった可能性を信じ続けたいと思いました。だから年齢に関係なく理想や希望を持ち続ける限り成長出来るんじゃないかと小田さんの言葉からワクワクする様な勇気をもらいました◎
↑ちょっと珍しく真面目臭い事を書きましたが正直僕の思ったことです。年末ですから許して下さいねー(笑)

※そうそう昨日は丸山先生宅に年末に個展をやった三人、白日会の中島君,今井君と僕で夏の合宿や個展でお世話になった御礼の挨拶をしにお伺いして忘年会をしました。この勢いある、まだ20代の二人にも絶対負けないパッションで40代フルパワーで頑張って今年より実りのある年にするぞー!!と心に決めて来年の抱負にしたいと思いまーす!!(笑)

今年最後のブログも相変わらずまとまりのない書きたい事を書き綴った文章で申し訳ありましぇ〜ん。。(笑)

今年もお疲れさまでした〜!!
皆様も良いお年をお迎え下さいませー☆
来年も福井欧夏をどうか宜しくお願い致しまーす!!



写真はアトリエの隅、テレビの上で居眠りするエンジェル君。。 お疲れさま〜。。のイメージ画像のつもり(笑)
昔はよくこういった古っぽい感じのエンジェルグッズを集めてました◎(笑)



●福井欧夏(公式HP)http://www.ouka-world.com/ ●メール:info@ouka-world.com


JUGEMテーマ:アート・デザイン


福井欧夏の生活日記
<< NEW | TOP | OLD>>